市場ニュース

戻る

【材料】日本電通<1931>のフィスコ二期業績予想

日本電通 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年8月1日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日本電通<1931>

3ヶ月後
予想株価
5,500円

通信設備エンジニアリング事業、ICTソリューション事業を展開。IoT利活用による企業ニーズの多様化に対応。NTT西日本が主要取引先。受注苦戦。原価率低減。販管費の減少等も寄与し、19.3期1Qは大幅増益。

協和エクシオとの経営統合により、18年9月26日付けで上場廃止へ。ICTソリューション事業は売上低調も、通信設備エンジニアリング事業は好調。19.3期通期は増益か。株価指標は妥当水準。株価はもち合い想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/34,500/1,070/1,190/740/341.45/-
20.3期連/F予/-/-/-/-/-/-
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/08/01
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均