市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は4日ぶり反発、買い戻し先行も決算控え上値重く/相場概況

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は4日ぶり反発。週明け23日の米国株式市場は高安まちまちだったが、為替市場で円高が一服したことなどが支援材料となり、本日の日経平均は自律反発に期待した買いが先行して158円高からスタートした。ただ、通商問題への警戒感や主力企業の決算を見極めたいとの思惑などから寄り付きを高値に伸び悩み、中国・人民元安も警戒材料となって上げ幅を19円高まで縮める場面があった。前引けにかけてアジア株高を背景に持ち直したが、後場に入ると22500円台前半でこう着感の強い展開となった。

大引けの日経平均は前日比113.49円高の22510.48円となった。東証1部の売買高は12億4650万株、売買代金は2兆0392億円だった。業種別では、鉄鋼、機械、非鉄金属が上昇率上位だった。一方、食料品、医薬品、空運業など5業種が下落した。

個別では、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、トヨタ自<7203>などがしっかり。ただ、みずほ<8411>が変わらずとなるなど金融株は前日からの買い戻しが一巡した印象もある。ファナック<6954>が3%超、コマツ<6301>が5%超上昇するなど中国関連株の上げが目立った。同国の内需拡大策が好感されたようだ。第1四半期決算がポジティブ視されたコーエーテクモ<3635>は急伸。また、インターアク<7725>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、レーティング引き下げ観測のファーストリテ<9983>やエーザイ<4523>のほか、ソニー<6758>、東海カーボ<5301>などがさえない。楽天<4755>は戻り待ちの売りに押され4%超安。決算発表銘柄では日立化成<4217>が売られた。また、第1四半期業績が計画を下回ったKOA<6999>が東証1部下落率トップだった。
《HK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均