市場ニュース

戻る

【経済】一時4%超急落の楽天に反発見込みのコール買いが集まる(24日10:00時点のeワラント取引動向)

ファナック <日足> 「株探」多機能チャートより

新規買いは原資産の株価上昇が目立つファナック<6954>コール168回 12月 27,000円を順張り、ファナックコール172回 12月 24,000円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ楽天<4755>コール219回 9月 950円を逆張り、楽天コール226回 1月 850円を逆張り、楽天コール225回 1月 750円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしては三井住友フィナンシャルグループ<8316>コール276回 1月 4,600円、信越化学工業<4063>コール120回 12月 12,500円、マイクロソフトコール55回 9月 100米ドル、トリケミカル研究所<4369>コール8回 1月 5,300円、ファーストリテイリング<9983>プット198回 1月 47,000円などが見られる。

上昇率上位はニアピン米ドルr21101回 8月 104円(前日比2.2倍)、そーせいグループ<4565>コール49回 9月 2,750円(前日比2倍)、トリケミカル研究所コール5回 9月 5,000円(+80.0%)、田中化学研究所<4080>コール5回 9月 2,500円(+80.0%)、第一生命ホールディングス<8750>コール87回 9月 2,700円(+75.0%)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)

《HH》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均