市場ニュース

戻る

【通貨】米CME、ビットコイン先物の取引量増加【フィスコ・ビットコインニュース】


アメリカの大手商品・金融先物取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が、同取引所が提供しているビットコイン(BTC)先物の平均日次取引量をツイッターで公開。2018年第2四半期は3,577で、前四半期比93%の増加だと公表した。

CMEの提供するビットコイン先物の平均日次取引量は、2018年第1四半期の取引数が1,854だったのに対して2018年第2四半期は3,577へと増加した。一方で未決済の割合も増加し、第1四半期の1,523から第2四半期には2,405と58%増加している。

現在アメリカでは、CMEの他にシカゴ・オプション取引所(CBOE)がビットコイン先物を提供している。CMEとCBOEのビットコイン先物の取引量の合算は、今年4月下旬に一時約6億7,000万ドル相当に到達して過去最高値を記録している。2018年1月以降ビットコイン相場は低迷状態が続いていたが、先物取引量は増加していたことが判明した。

《SI》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均