市場ニュース

戻る
2018年06月29日08時24分

【市況】こう着ながらも底堅さが意識される/オープニングコメント

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

 29日の日本株市場は、こう着ながらも底堅さが意識されそうである。28日の米国市場では、米中貿易摩擦への警戒感が根強いものの、米連邦準備制度理事会(FRB)によるストレステスト(健全性審査)の結果発表を取引終了後に控えて、増配や自社株買いが予想される金融セクターに買いが広がったほか、ハイテク株も選好され上昇した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円高の22280円だった。円相場は1ドル110円50銭台とやや円安に振れて推移している。

 米国では取引終了後にFRBが発表したストレステストの結果発表において、ドイツ銀行を除く34の銀行が資本計画の承認を受けた。増配や自社株買いへの思惑による金融株高が波及をみせてくるかが注目される。また、米中貿易摩擦への影響から売られていたハイテク株へもリバランスとみられる動きがみられていた。円相場はやや円安に振れて推移していることもあり、ハイテクや自動車などへの買い戻し等も意識されやすいだろう。

 また、シカゴ先物は一時22020円まで下げる局面がみられたが、22000円はキープしており、下値の堅さは意識されやすい。ただ、昨日の日経平均は底堅さが意識されるものの、5日線に上値を抑えられる格好から、じりじりと下値を切り下げる形状をみせており、テクニカルシグナルは悪化傾向にある。週末要因からポジション調整的な買い戻しは意識されるものの、オーバーウィークを意識した積極的なロングポジションは入りづらいだろう。そのため、テクニカル的な反発は意識されたとしても、トレンド転換は期待しづらい。

 物色は金融やハイテク、自動車などへの買い戻し等や株主総会を手掛かりとした個別対応に。個人主体の中小型株においても、物色に広がりはみられず、需給面や価格面で手掛けやすい銘柄等に短期資金が集中する格好になりそうだ。(村瀬智一)
《AK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均