市場ニュース

戻る

【材料】ゼンリン反発、「気象災害予測支援システム」の実証実験開始へ

ゼンリン 【日足】
多機能チャートへ
ゼンリン 【日中足】
 ゼンリン<9474>が、全体相場の地合い改善を追い風に反発している。同社はきょう、防災科学技術研究所および富士通クラウドテクノロジーズ(東京都新宿区)、エー・シー・エス(熊本県益城町)と共同で構築した自治体向けの「気象災害予測支援システム」を活用し、福岡県朝倉市と避難支援情報早期提供の実証実験を行うと発表しており、これが買い手掛かりとなっている面もあるようだ。

 気象災害予測支援システムは、豪雨発生時の河川の氾濫や土砂災害の予測を複数の情報から分析し、自治体防災担当者の避難指示や勧告発令判断を支援するもの。同社は、災害時の場所の特定や周辺状況の確認に有効な住宅地図情報の提供や、事業全般の管理や統括および意思決定、関係機関との連絡・調整、実証事業成果のとりまとめなどを担うという。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均