市場ニュース

戻る

【材料】RIZAP-G---株主優待の拡充、1:2の株式分割により、株主還元をさらに強化

RIZAP 【日足】
多機能チャートへ
RIZAP 【日中足】

RIZAPグループ<2928>は28日、創業15周年を記念し特別株主優待の実施、既存の株主優待制度の改定を発表した。

具体的には、2018年9月末の株主を対象にした既存株主優待にポイントを付与するというもの。2018年11月末にポイントが利用可能な優待商品カタログの発送を予定しており、12月上旬よりポイント使用の受付を開始する予定としている。付与されるポイントは100株以上で2,000ポイント(2,000円相当の同社グループ商品)、200株以上で3,000ポイント(3,000円相当の同社グループ商品)、400株以上で4,000ポイント(4,000円相当の同社グループ商品)。

また、改定される既存優待制度では、これまで繰り越しができなかった株主優待ポイントを最大3年間繰り越しが可能となる。長期保有株主への還元を充実させ、より長期に保有することでメリットの出る制度とした。

また、同日、同社普通株式の1:2株の割合で株式分割を併せて発表している。投資単位当たりの金額を引き下げることにより、投資しやすい環境を整えることが目的としている。

《MW》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均