市場ニュース

戻る

【経済】(中国)上海総合指数は売り先行もプラス圏回復、買い戻しが優勢

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

29日の上海総合指数は売り先行。前日比0.17%安の3129.62ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時42分現在、0.12%高の3138.77ptで推移している。連日の下落で値ごろ感が強まり、買い戻しが優勢となっている。また、外資の流入期待なども引き続き支援材料。ただ、指数の上値は重い。今週31日に公表される5月の製造業PMIや、近く再開される米中通商協議の成り行きを見極めたいムードが強い。

《AN》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均