市場ニュース

戻る

【経済】米朝首脳会談の中止、中国人がどう見ているのか


中国国内では、米朝首脳会談の中止が報じられると、ネットユーザーらは次々と、「北朝鮮の計略を見透かした」とトランプ氏への支持を書き込んだ。

「米国は、詐欺師の陰謀を見破った」

「ごろつきを取り締まるトランプさんを支持する」

「良い決断をした!ネズミが猫をもてあそぶようなゲームをして、うまい汁を吸おうとする金三胖(金正恩氏)の狙いを徹底的に打ち砕いた」

また、当初から米朝首脳会談の行方について悲観的なネットユーザーは「(中止は)予想通りだ」「最初からこうなるだろうと思った。米朝首脳会談は最も、釣り合わない首脳会談だ。でも、米国人3人が解放されたのはいいことだ」との意見を挙げた。

中国インターネット上では、金正恩氏が2回の訪中を通じて、中国側から「5000億元の資金援助、莫大な物資支援を得た」とささやかれている。北朝鮮をカードに米中貿易戦を中国に有利な方向へと動かそうとしても、会談の中止で「中国の思惑が外れた」と指摘する書き込みがあった。

一方、「韓国の文大統領が一番かわいそうだけど、考えが単純すぎた」「文大統領は退陣を迫られるのかな?」と韓国の文在寅大統領に気を配った。

また、北朝鮮に最も近い中国の町、丹東市の不動産価格の急落を懸念する声が上がっている。

中国の不動産投機家はこのほど、北朝鮮の非核化が実現されれば、丹東市の不動産価格が上昇すると予測している。そのため、最近、投資者が殺到しているという。

*「誰がゲームをしているのか」

トランプ大統領は22日、習近平国家主席を「世界級ポーカープレイヤー」にたとえ、金正恩委員長が訪中後に態度を急変させたことに関与したとの見方を示した。

これに対して、中国ネットユーザーは、「朝鮮半島の平和も米朝の和解も望まない国がある」「誰が米中首脳会談を潰したのか、皆分かっている」と中国当局が裏で引っ掻き回していると指摘した。

北朝鮮金正恩政権がスーパー「ポーカープレイヤー」とみる人もいる。米朝首脳会談をカードに、習近平国家主席との会談を実現させ、中国からまた莫大な支援を得た。「そもそも、彼(金正恩氏)はトランプに会うつもりがなかっただろう。なぜなら、北朝鮮から出た瞬間に捕らえられるのを警戒したのではないか」

多くの中国人ネットユーザーは、北朝鮮は非核化をしないと予測する。「核兵器をもって国を発展させるのは、金政権の国策だから。簡単に放棄しない」「核実験場の解体を公開したけど、北朝鮮はいつでも新しい核実験場を建設できるだろう」

(翻訳編集・張哲)



【ニュース提供・大紀元】

《HT》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均