市場ニュース

戻る

【市況】方向感は出難く値動きの軽い中小型株での短期的な値幅取り狙い/オープニングコメント

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

 29日の日本株市場は、引き続きこう着感の強い相場展開なりそうだ。28日の米国市場はメモリアルデーの祝日で休場であり、手掛かり材料難もあろう。また、円相場は1ドル109円30銭台と足元で円高傾向にあることも手掛けづらくさせる。

 昨日の日経平均は米国、英国が休場となるなか、海外勢のフローは限られており、東証1部の出来高は10億株台にとどまっていた。本日は若干商いが膨れる可能性はあるものの、日経平均は25日線が上値抵抗となり、戻り待ちの売り圧力が意識されやすいところであろう。米朝首脳会談の開催までには紆余曲折が意識されるなか、引き続きこう着感の強い相場展開を余儀なくされやすいと考えられる。

 また、月末にはMSCIのリバランスなどインデックスイベントを控えているほか、週末には米雇用統計が予定されていることも、手掛けづらくさせそうだ。薄商いのなか、指数インパクトの大きい値嵩株に振らされやすい面はあろうが、目先的には値動きの軽い中小型株での短期的な値幅取り狙いに向かいやすい需給状況が続くことになりそうだ。
《AK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均