市場ニュース

戻る
2018年05月18日18時47分

【市況】18日の日本国債市場概況:債券先物は150円70銭で終了


<円債市場>
長期国債先物2018年6月限
寄付150円69銭 高値150円71銭 安値150円63銭 引け150円70銭
売買高総計26967枚

2年 388回 -0.140%
5年 135回 -0.105%
10年 350回 0.055%
20年 164回 0.540%

債券先物6月限は、150円69銭で取引を開始。米長期金利の上昇を受けて売りが先行し、150円63銭まで下落した。その後、日銀が実施した国債買い入れオペで、応札倍率が低下したことが好感されて買いが優勢になり、150円71銭まで上昇した。現物の取引では、2年債が売られ、10年債と20年債が買われ、5年債はもみ合いになった。

<米国債概況>
2年債は2.55%、10年債は3.10%、30年債は3.24%近辺で推移。
債券利回りはやや低下。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.62%、英国債は1.53%で推移、オーストラリア10年債は2.90%、NZ10年債は2.85%。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・21:30 カナダ・3月小売売上高(前月比予想:+0.3%、2月:+0.4%)
・21:30 カナダ・4月消費者物価指数(前年比予想:+2.3%、3月:+2.3%)
・22:15 カプラン米ダラス連銀総裁質疑応答(テキサス大学)
・22:15 ブレイナード米FRB理事講演(地域再投資法関連)
・米中通商協議(最終日)

《KK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均