市場ニュース

戻る

【市況】マザーズ先物概況:反発、自立反発の域は脱せず

ミクシィ <日足> 「株探」多機能チャートより

2日のマザーズ先物は反発。前日比12.0pt(+1.06%)高の1139.0ptで取引を終えた。高値は1139.0pt、安値は1127.0pt、売買高は565枚。本日のマザーズ先物は、4連休を控えて、主力大型株の動きが鈍るなかで、個人投資家による短期資金が向かった。個別では、ミクシイ<2121>、CYBERDYNE<7779>、PKSHA<3993>など時価総額の大きい銘柄も堅調に推移したことも支援材料となったもよう。ただし、国内4連休や米連邦公開市場委員会(FOMC)などのイベントを控えて次第に様子見ムードが強まるなか、25日線が引き続き抵抗線となったことから自律反発の域は脱しなかった。
《FA》

 提供:フィスコ

日経平均