市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(3):EPS、コネクシオ、セプテニHD

EPS <日足> 「株探」多機能チャートより
■EPSホールディングス <4282>  2,006円  -208 円 (-9.4%)  本日終値  東証1部 下落率2位
 EPSホールディングス <4282> が続急落し、年初来安値を更新した。1日大引け後に発表した18年9月期上期(17年10月-18年3月)の連結経常利益が前年同期比18.5%減の38.9億円で着地したことが嫌気された。EP綜合における受注の伸び悩みとエクサムにおける赤字の影響などでSMO事業が大幅減益となったことが響いた。中国で医薬品・医療機器を中心とした製品関連業務や臨床試験関連の専門サービス業務などを展開する益新事業が赤字転落したことも利益を圧迫した。

■コネクシオ <9422>  2,175円  -211 円 (-8.8%)  本日終値  東証1部 下落率3位
 コネクシオ<9422>が大幅続落。1日の取引終了後に発表した19年3月期の単独業績予想が、売上高2700億円(前期比1.9%増)、営業利益102億1000万円(同横ばい)、純利益67億4000万円(同横ばい)と前期並みの営業利益にとどまることに加え、年間配当を同5円減の60円とすることが嫌気された。携帯電話の販売台数を前期比2.5%減の265万台と見込んでいるほか、生産性向上に向けたシステム投資などが利益を圧迫する。端末価格の見直しによる収益改善やモバイルBPOの規模拡大などを図るが、増益確保は難しいようだ。なお、18年3月期決算は、売上高2648億9700万円(前の期比1.9%増)、営業利益102億700万円(同2.3%増)、純利益67億3800万円(同4.2%増)だった。また同時に、21年3月期に営業利益110億円を目指す中期経営計画を発表したが、これに対する反応は限定的のようだ。

■セプテニHD <4293>  243円  -13 円 (-5.1%)  本日終値
 セプテーニ・ホールディングス<4293>が大幅に4日続落、年初来安値を更新した。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は1日、同社株のレーティングを「ニュートラル」から「アンダーウエイト」へ引き下げた。目標株価は400円から200円に見直した。同社が4月26日に発表した18年9月期第2四半期(17年10月~18年3月)決算は、連結営業利益が前年同期比21%減の10億900万円だった。この決算に対して、「主力のネットマーケティング事業の業績低迷はネガティブ・サプライズ」としてレーティングを引き下げた。また、メディアコンテンツ事業のトップラインが加速せず、営業黒字のメドが見えない点にも警戒している。

■ロイヤルHD <8179>  2,880円  -91 円 (-3.1%)  本日終値
 ロイヤルホールディングス<8179>が大幅続落。同社は1日取引終了後に、18年12月期第1四半期(1~3月)の連結決算を発表。営業利益は7億6800万円(前年同期比21.0%減)となり、上半期計画18億円に対する進捗率は42.7%となった。売上高は324億4400万円(同1.1%増)で着地。既存店の好調などで増収を確保した半面、利益面では新規出店やIT投資の実行に伴う費用が影響した。なお、上半期および通期の業績予想は従来計画を据え置いている。また、同日には4月度の月次売上高を公表している。「ロイヤルホスト」の既存店売上高は前年同月比6.1%増と3カ月連続で前年実績を上回った一方、「天丼てんや」の既存店売上高は同2.5%減と2カ月ぶりのマイナスとなっている。

■国際石油開発帝石 <1605>  1,397.5円  -35 円 (-2.4%)  本日終値
 国際石油開発帝石<1605>、石油資源開発<1662>が値を下げているほか、JXTGホールディングス<5020>なども売りが目立つ展開。4月中旬以降に大きく水準を切り上げてきた原油市況に足もと反動が出ている。前日のWTI原油先物価格は1ドル32セント安の1バレル=67ドル25セントと急落、米国では2月の原油生産量が過去最高水準となったことに加え、在庫増加の思惑が下げを加速させた。これを受け米国市場ではエクソンモービルやシェブロンなどのエネルギー関連株が下落しており、この流れが東京市場にも波及した。

■ノジマ <7419>  2,640円  -39 円 (-1.5%)  本日終値
 ノジマ<7419>は続落。1日の取引終了後、集計中の18年3月期連結業績について、売上高が従来予想の4880億円から5018億円(前の期比16.1%増)へ、営業利益が166億円から170億円(同12.6%増)へ、純利益が108億円から136億円(同33.9%増)へ上振れて着地したようだと発表したが、修正値では1~3月期営業利益は22.0%減益となり、足もとの減速を嫌気した売りが出たようだ。上方修正は、高付加価値の商品が伸びたことで、デジタル家電専門店運営事業の売上総利益が伸長したことに加えて、インターネット事業のニフティでコスト構造見直しなど体質改善が進んだことが寄与したという。また、関係会社株式売却益や繰延税金資産の計上なども最終利益を押し上げたとしている。

■長府製作所 <5946>  2,510円  -35 円 (-1.4%)  本日終値
 長府製作所<5946>は続落。1日の取引終了後に発表した第1四半期(1~3月)連結決算が、売上高111億5700万円(前年同期比7.3%増)、営業利益4億1600万円(同18.7%減)、純利益5億7300万円(同11.0%減)と2ケタ営業減益となったことが嫌気された。エコキュートの好調持続で給湯機器が伸長したほか、空調機器でハウスメーカー向けの全館空調システムやデシカント式空調換気ユニットなどが好調に推移し売上高は増収を確保したが、銅やステンレスなどの原材料価格が高騰した影響が大きく減益を余儀なくされた。なお、18年12月期通期業績予想は、売上高460億円(前期比9.4%増)、営業利益25億円(同41.3%増)、純利益29億円(同12.0%増)の従来見通しを据え置いている。

■トヨタ自動車 <7203>  7,165円  -30 円 (-0.4%)  本日終値
 トヨタ自動車<7203>は売り買い交錯もやや売り物に押される展開。足もと外国為替市場では1ドル=109円90銭近辺の推移と円安が進んでいる。2月初旬以来となり1ドル=110円台が意識されるなか、円安が収益メリットとなる自動車セクターにはフォローの風となる。トヨタの決算発表はゴールデンウイーク明け後の9日に予定されているが、円安の進行は19年3月期の業績見通しに対する市場のコンセンサスにもポジティブに働くことが予想される。ただ、同社株は前日まで7日続伸と上値追いを続けてきたこともあり、目先利益確定売り圧力も表面化、その分上値も重くなっている。

■クリエートメディック <5187>  1,363円  +175 円 (+14.7%) 一時ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率トップ
 使い捨て医療器具メーカーのクリエートメディック<5187>が、後場に入ってストップ高まで上昇。年初来高値を更新した。同社はきょう午前11時30分に、18年12月期第1四半期(1~3月)の連結決算を発表。営業利益が1億4500万円(前年同期比2.6倍)となったことが買い手掛かりとなったようだ。売上高は24億9000万円(同9.9%増)で着地。主力の国内自社販売は泌尿器系製品が「フォーリートレイキット」を中心に引き続き好調だったほか、海外販売も中国向け泌尿器系製品や欧州向け消化器系製品が堅調に推移した。なお、上半期および通期の業績予想は従来計画を据え置いている。

■スガイ化学工業 <4120>  176円  +21 円 (+13.6%)  本日終値
 スガイ化学工業<4120>は急反発。同社は1日取引終了後、18年3月期通期の単体業績予想の修正を発表した。売上高は53億5000万円から53億1600万円(前期比5.9%増)へ小幅下方修正したものの、営業利益は6000万円から9300万円(前期は7800万円の赤字)へ、最終利益は5000万円から1億600万円(同1000万円の赤字)へ上方修正した。売上高は、前回予想を若干下回る見通しとなったが、利益面では工場稼働率の復調による製造原価率の改善、固定費の削減などにより、営業利益、経常利益ともに前回予想を上回る見込みとなった。また、特別利益で受取保険金5600万円を、特別損失で支払補償金2000万円などを計上し、最終利益も前回予想を上回る結果となった。

●ストップ高銘柄
 AppBank <6177>  640円  +100 円 (+18.5%) ストップ高   本日終値
 以上、1銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース

日経平均