市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドル・円は一段高、買い戻しなどの指摘

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

 13日午後の東京市場でドル・円は一段高となり、一時106円84銭まで強含んだ。短期筋のドル買い戻しや実需系のドル買いとの指摘がみられる。また、円高後退を受けて日経平均株価が上昇しており、株高による新たな円売りも出ているもよう。ユーロ・円も131円69銭まで上昇した。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円26銭から106円84銭。ユーロ・円は131円11銭から131円69銭、ユーロ・ドルは1.2325ドルから1.2345ドルで推移。

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均