市場ニュース

戻る

【材料】トヨタ、ホンダなど自動車株が軟調、1ドル=105円台半ばの円高嫌気

トヨタ <日足> 「株探」多機能チャートより
 トヨタ自動車<7203>、ホンダ<7267>など自動車株は売り優勢。前週末の米国株市場では、NYダウが後半巻き返したもののマイナス圏で引けるなど引き続きリスクオフの流れが警戒されている。また、足もとは1ドル=105円台半ばの円高に振れていることで、輸出採算の悪化を懸念する売りが出やすくなっている。ただ、自動車の世界販売需要は旺盛であり、目先売られ過ぎとの見方から、下値では買い向かう動きも観測される。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均