市場ニュース

戻る

【市況】トレードマスターラボの日経先物大作戦 (11月8日)

トレードマスターラボ株式会社 代表取締役社長 堀田勝己

「株高とニュースで騒がれだしたら…」

 7日の東京株式相場は、日経平均株価がバブル経済崩壊後の戻り高値を更新し、25年ぶりの水準に達した。

 “歴史的な株高にバブル警戒も”という見方がある一方、“まだまだピークではない”との声も出ているが、この“バブル地合い”が今日も継続するのかに注目している。

 本日の日経先物は、2万2800円台で寄り付くことが想定され、上値は2万2910円を維持できれば2万2970円を示現、下値は2万2780円を割り込むと2万2730円を示現する可能性。

【今日の独り言】

 「昨日の爆上げはなに!?そこまでのエネルギーがここ最近の動きでどこに溜まってたん!?」と、どんどん上昇していくチャートを見ながらの放心状態になりましたよ(笑)。

 予想していた“上限2万3000円”をナイトセッションには達成し、「んなアホな!」と思いながら。

 もちろん、買いを入れているわけでもなく戻り売り目線だった馬鹿ちん野郎…。はい、それは私です。

 ニュースで「株高」と騒がれだし、2万4000円まで目指すだろう、と言う人が増えてきているので売り時かも。

 私の予想は相変わらず「逆指標」になるんかなぁ。


◆トレードマスターラボ株式会社 代表取締役社長 堀田勝己
2017年4月トレードマスターラボ株式会社設立。株式会社みんかぶ運営の「トレードマスター225」では「トレードマスターM」の名前でメインMCとして登場している。

株探ニュース

日経平均