市場ニュース

戻る
2017年03月03日17時19分

【通貨】外為サマリー:1ドル114円20銭台で推移、FRB議長らの講演を前に模様眺め

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 3日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=114円26銭前後と、前日午後5時時点に比べ8銭程度のドル高・円安となっている。

 欧州時間のドル円相場は、114円台前半で一進一退。3月の米利上げ観測が強まるなか、今晩に予定されるイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長やフィッシャーFRB副議長の講演を前に模様眺めムードが広がっている。時間外取引では米10年債利回りが低下しているほか、NYダウ先物は軟調推移となっており、手掛かり材料に乏しい。

 ユーロは対円で1ユーロ=120円16銭前後と同20銭弱のユーロ安・円高。対ドルでは1ユーロ=1.0520ドル前後と同0.0020ドル程度のユーロ安・ドル高で推移している。


出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均