市場ニュース

戻る
2017年01月25日09時37分

【市況】日経平均は303円高でスタート、NY株高の流れ好感で大幅反発/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 19091.23 (+303.24)
TOPIX  : 1526.59 (+20.26)

[寄り付き概況]

 日経平均は3日ぶりに大幅反発してスタートした。24日の米国市場では、NYダウが112ドル高となった。主要企業の決算が好感されたうえ、トランプ大統領が自動車大手3社との会談で環境規制の緩和を表明したことや、複数のパイプライン建設の大統領令に署名したことから、インフラ投資拡大や雇用創出への期待が高まった。為替相場は米債券利回りの上昇に伴い1ドル=113円台後半まで円安に振れており、東京市場では買い戻しや押し目買いの動きが先行している。

 売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、SMC<6273>、ファナック<6954>が3%超の上昇となっているほか、三菱UFJ<8306>、トヨタ自<7203>、キーエンス<6861>などその他も全般堅調。アルプス電<6770>は5%近く上昇している。一方、前日に決算発表した日本電産<6594>が2%超下げており、東芝<6502>もさえない。

 セクターでは、全33業種がプラスとなっており、鉄鋼、証券、非鉄金属などが上昇率上位。反面、医薬品やゴム製品は小幅な上昇にとどまっている。
《SK》

 提供:フィスコ

日経平均