市場ニュース

戻る
2016年12月02日09時24分

【材料】農業総合研究所---四国の郵便局に集荷場を設置し、新たに四国産農産物の直売所事業を開始

農業総研 <日足> 「株探」多機能チャートより

農業総合研究所<3541>は28日、愛媛県西条市丹原町の丹原郵便局に集荷場を設置し、地元農産物を日本郵便輸送のトラックを活用して出荷、マルヨシセンター(香川県高松市)の愛媛、兵庫県内のスーパー4店舗で販売する「農家の直売所」事業を日本郵便四国支社と開始した。郵便局での同様の事業は千葉県の白井郵便局に次いで2例目となり、日本郵便との今後の展開が注目される。

同社は全国の生産者とスーパーマーケットをITでダイレクトに繋ぎ、情報・物流・決済のプラットフォームを構築する「農家の直売所」事業を展開しており、丹原町の集荷場は四国初の設置で全国では61ヶ所目。

日本郵便四国支社では、丹原町での事業の動向を見て、同社集荷場を四国各地へ展開していく考え。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均