市場ニュース

戻る
2016年12月01日09時34分

【市況】日経平均は226円高でスタート、OPEC総会での原産合意や円安を好感、メガバンクが高い/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 18535.24 (+226.76)
TOPIX  : 1486.08 (+16.65)

[寄り付き概況]
 日経平均は大幅に続伸して始まり、戻り高値を更新している。OPEC(石油輸出国機構)総会での減産合意を受けて原油相場が大幅上昇したほか、外国為替市場で円相場が1ドル114円台の円安が好感されている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比235円高の18615円となるなか、これにサヤ寄せする格好。

 セクターでは鉱業、石油石炭、輸送用機器、鉄鋼、海運、証券、機械、不動産、ガラス土石、保険が上昇。半面、空運、ゴム製品、パルプ紙、水産農林、食料品が冴えない。売買代金上位では、メガバンク3行のほか、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、三井物<8031>、任天堂<7974>、富士重<7270>、野村HD<8604>、ファーストリテ<9983>などが高い。
《WA》

 提供:フィスコ

日経平均