市場ニュース

戻る
2016年11月11日09時09分

【材料】三菱UFJ、日東電工など◆今日のフィスコ注目銘柄◆

アイサンテク <日足> 「株探」多機能チャートより

アイサンテクノ<4667>

自動運転技術のZMPが12月中旬に東京証券取引所に上場する見通しになったとの観測が報じられており、関連銘柄への物色が強まりやすいだろう。25日線を挟んでの攻防が続いているが、同水準からのリバウンドで直近戻り高値を捉えてくる可能性が高そうだ。短期資金が集中する展開に。


三菱UFJ<8306>

トランプ政権に対しては現時点で先行きが見えないところはあるが、政策に対する恩恵を受けるであろうセクターや銘柄への物色もみられている。トランプ氏はドッド・フランク法(金融規制改革法)を廃止すると発言している。同法は金融機関のリスクを取る能力を阻害し自由度を奪っているとしており、金融セクターへの物色等が引き続き注目されやすい。


日東電<6988>

足元の乱高下からいったんシグナルは悪化している。しかし、早い段階で25日線を回復しているほか、一目均衡表の雲上限が支持線として機能している。遅行スパンもV字切り返しといった流れに。週足の一目均衡表では雲下限が支持線となり、雲上限が位置する7800円辺りがターゲットとして意識されてくる。

《WA》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均