市場ニュース

戻る
2016年11月09日17時30分

【経済】トランプ氏が第45代米大統領に選出

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

 米大統領選挙直前の7日に発表された世論調査では、ほぼ全ての主要メディアが民主党大統領候補のヒラリー・クリントン氏が共和党大統領候補のドナルド・トランプ氏を4ポイント程度リードしていると報じていた。7日の米国株は大統領選挙でのクリントン氏の勝利を期待して大幅反発。8日のNYダウも続伸しました。市場は大統領選挙直前までクリントン氏の勝利を前提に行動していたようだ。

 ところが・・・・今回の大統領選は市場予想と正反対の結果になってしまった。AP通信はトランプ氏が第45代の米国大統領に選出されたと報じている。クリントン陣営もトランプ側に敗北を伝えたようだ。

 一部の市場関係者は、「マーケットはトランプ・リスクだけを問題視しており、2017年以降の米国経済の動向に関して真面目に議論するケースは少なかった」と指摘している。選挙結果が正式に確定し、新大統領が正式に就任する来年1月20日までは、予断を許さない状況が続くかもしれないが、現時点では市場が勝手に作り出した「トランプ・リスク」なるものに市場が痛手を負わされる結果になってしまいそうだ。
《MK》

 提供:フィスコ

日経平均