市場ニュース

戻る
2016年11月07日14時47分

【材料】LIXIL Gが後場上げ幅を拡大、9月中間期営業利益2ケタ増益を改めて評価

LIXILグ <日足> 「株探」多機能チャートより
 LIXILグループ<5938>が後場上げ幅を拡大している。午後1時頃に発表した第2四半期累計(4~9月)連結決算で、売上高8704億2800万円(前年同期比7.6%減)、営業利益383億1000万円(同17.2%増)、純利益241億4900万円の黒字(同183億6600万円の赤字)と2ケタ営業増益となったことが改めて好感されているようだ。

 10月19日に第2四半期累計業績と17年3月期業績予想をそれぞれ上方修正したが、営業利益は修正値をやや上振れて着地した。海外のウオーターテクノロジー(水回り)事業の順調な成長による商品構成の変化や国内におけるコスト低減などが寄与。また、中国子会社の不正会計発覚に伴う損失の悪影響がなくなったことも利益を押し上げた。

 なお17年3月期通期業績予想は、売上高1兆7800億円(前期比5.8%減)、営業利益650億円(同66.6%増)、最終利益380億円(前期256億500万円の赤字)の修正値を据え置いている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均