市場ニュース

戻る
2016年11月03日06時45分

【為替】NY為替:米利上げ見送り、ADP雇用予想下振れでドル続落

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

2日のニューヨーク外為市場でドル・円は、103円02銭まで下落後、103円49銭へ反発し、103円32銭で引けた。10月ADP全米雇用報告が予想を下回ったことや、米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ見送りが決定されたため、ドル売りが優勢となった。しかし、FOMC声明では「引き続き利上げの根拠が強まった」と示されており、年内利上げを織り込むドル買いが観測されたことでドルの下値は限定的となった。


ユーロ・ドルは、1.1081ドルから1.1123ドルまで上昇し、1.1098ドルへ戻して引けた。欧米金利差の縮小でユーロ買い・ドル売りが続いた。ユーロ・円は、114円36銭まで下落後、114円85銭まで反発。朝方は米大統領選挙への不透明感を受けたリスク回避の円買いが続いた。その後、世論調査結果でヒラリー氏が依然リードしていることが判明すると円買いが後退した。


ポンド・ドルは、1.2354ドルまで上昇後、1.2280ドルへ反落した。予想を上回った英国の10月建設業PMIを好感したポンド買いや英国中央銀行の金融政策決定会合を控えたポンドのショートカバーが優勢となった。


ドル・スイスは、0.9700フランへ下落後、0.9740フランへ上昇した。

《MK》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均