市場ニュース

戻る
2016年10月31日11時05分

【材料】パートナーAがストップ高、業務効率化で第2四半期経常益が上振れ着地

パートナーA <日足> 「株探」多機能チャートより
 パートナーエージェント<6181>がストップ高まで買われている。同社は28日取引終了後に、17年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表。経常利益は2億3700万円(前年同期比7.0%増)となり、従来計画の1億6700万円から上振れして着地した。

 売上高は19億9100万円(同10.5%増)と、従来計画の20億600万円には届かなかった。日本結婚相談所連盟から除名された影響で一時的に新規入会会員数および在籍会員数が減少したことが売上高に影響した半面、システム改修に伴う業務効率化で人件費や採用教育費などを削減できたことが利益を押し上げた。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均