市場ニュース

戻る
2016年10月28日13時40分

【材料】エレマテックは急反落、スマホ向けデバイスなど低調で17年3月期業益予想を下方修正

エレマテック <日足> 「株探」多機能チャートより
 エレマテック<2715>が急反落。27日の取引終了後、17年3月期の連結業績予想について、売上高を2200億円から2035億円(前期比6.1%減)へ、営業利益を61億5000万円から48億5000万円(同29.4%減)へ、純利益を44億円から13億円(同74.2%減)へ大幅に下方修正したことが嫌気されている。

 従来予想に比べてスマートフォン向けデバイスやディスプレー関連部材の販売が低調に推移していることに加えて、急激な円高の影響から、売上高・営業利益ともに悪化する見通しとしている。また上期業績で、中国連結の中国顧客向け売掛債権に関して、貸倒引当金繰入額を特別損失として計上したことから、最終利益の修正幅が大きくなるという。

 なお、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高949億6600万円(前年同期比21.7%減)、営業利益21億9000万円(同46.1%減)、最終損益8億7900万円の赤字(前年同期30億6000万円の黒字)だった。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均