市場ニュース

戻る
2016年09月14日09時33分

【材料】石井表記が急反落、17年1月期営業利益予想を下方修正

石井表記 <日足> 「株探」多機能チャートより
 石井表記<6336>が急反落。13日の取引終了後、17年1月期の連結業績予想について、売上高を95億8300万円から97億2600万円(前期比3.3%増)へ上方修正した一方、営業利益を4億4300万円から4億300万円(同45.5%減)へ、純利益を2億3500万円から1億9900万円(同67.2%減)へ下方修正したことが嫌気されている。

 子会社の上海賽路客電子は堅調なものの、電子機器部品製造装置プリント基板分野で価格競争が激化していることに加えて、工作機械および産業用機械分野の売り上げが想定を下回るとみられることが要因としている。また、岩手大学らと共同研究を進めていた、インクジェット製法による全固体型セラミックス2次電池の高積層の開発を中止したと合わせて発表しており、これも悪材料視されている。

 なお同時に、中国および韓国の液晶パネルメーカーから、大型インクジェット装置の大口受注を受けたと発表したが、これに対する市場の反応は限定的のようだ。受注金額は22億1000万円、で、18年1月期から19年1月期にかけて売り上げ計上を予定している。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均