市場ニュース

戻る
2016年09月06日09時47分

【材料】ステラケミファが2点底形成から出直り波動、リチウム電池と半導体2つの追い風に乗る

ステラケミ <日足> 「株探」多機能チャートより
 ステラケミファ<4109>が続伸、8月末から9月にかけて調整色をみせていたが、目先値ごろ感から見直し買いを呼び込んでおり、テクニカル的にも8月22日安値3015円と9月2日安値3035円で2点底を形成し、25日移動平均線とのマイナスカイ離解消に向かっている。

 先進国を中心に自動車の排ガス規制が強化されるなか、これまで以上にプラグインハイブリッド(PHV)や電気自動車(EV)の普及に政策的な追い風が強まっており、車載用リチウム電池に関連する銘柄へのマークが強まっている。

 そのなか、同社はリチウムイオン電池向け電解質などの電池材料を手掛け関連有力株としてマークされている。また、3次元NAND型フラッシュメモリーなどを軸に半導体需要の回復が急で、同社が断トツの商品シェアを誇る半導体洗浄用のフッ素高純度化合物でも商機が拡大している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均