市場ニュース

戻る
2016年09月05日17時15分

【為替】外為サマリー:1ドル103円30銭台で推移、欧州時間も上値の重い展開

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 5日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=103円33銭前後と、前週末午後5時時点に比べ20銭強のドル安・円高で推移している。

 欧州時間のドル円相場は、上値の重い展開が継続。黒田日銀総裁はこの日の講演で、9月会合で行われる総括的な検証について「市場の一部でいわれているような緩和の縮小という方向の議論ではない」などと述べたが、市場では「具体的な政策がみえない」といった見方もあり追加緩和観測がやや後退するかたちとなっているようだ。欧州株式市場が堅調に推移していることで一部ではリスク選好的なドル買い・円売りもみられるが、追随する動きは乏しい。
 
 ユーロは対円で1ユーロ=115円50銭前後とユーロ安・円高。対ドルでは1ユーロ=1.1175ドル前後とユーロ安・ドル高で推移している。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均