市場ニュース

戻る
2016年08月26日10時08分

【材料】TBSHDが大幅反落、三菱UFJMSが投資判断を「アンダーウエート」へ引き下げ

TBSHD <日足> 「株探」多機能チャートより
 TBSホールディングス<9401>が大幅反落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が25日付で、レーティングを「ニュートラル」から「アンダーウエート」へ、目標株価を1840円から1020円へ引き下げたことが売り材料視されているようだ。

 消費低迷で主要広告主の出稿抑制傾向が強まるという循環的要因に加え、NHKとの視聴率競争激化や視聴者のテレビ離れの影響、ネット・イベント広告の台頭などの構造的要因で事業環境は悪化していると指摘。これに伴う収益低迷の長期化で株価が下落するリスクが高まっているとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均