市場ニュース

戻る
2016年08月15日09時35分

【為替】東京為替:ドルは101円30銭前後でもみあう展開、東京株安に対する反応乏しい

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

ドル・円は101円30銭近辺で推移。4-6月期国内総生産(GDP)一次速報値は前期比年率+0.2%の低い伸びにとどまっており、日本銀行による9月追加緩和への期待が広がっている。現時点で株安を嫌ったリスク回避的な円買いは観測されていないが、米早期利上げ観測は後退しており、ドルの上値はやや重くなっている。ここまでのドル・円は101円14銭から101円42銭で推移している。
・ユーロ・円は下げ渋り、112円95銭から113円22銭で推移。
・ユーロ・ドルはもみあい、1.1157ドルから1.1170ドルで推移

■今後のポイント
・101円以下には個人勢などのドル買い興味残る
・日本の4-6月期GDPは低い伸びにとどまる

・NY原油先物(時間外取引):高値44.74ドル 安値44.50ドル 直近値44.64ドル

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均