市場ニュース

戻る
2016年08月08日10時43分

【材料】富士重が反発、国内メーカー初の4駆EVを21年に投入と報じられる

富士重 <日足> 「株探」多機能チャートより
 富士重工業<7270>が反発。きょう付の日刊工業新聞で、「国内大手自動車メーカーで初めて4輪駆動(4WD)の電気自動車(EV)を商品化する」と報じられたことが好材料視されているようだ。

 記事によると、2021年に米国市場に投入する予定で、スバル車の特徴である走りの良さを訴求し、EVの拡販につなげるという。4WDのEVは米テスラ・モーターズなど一部の海外メーカーに限られているが、スバルらしさを打ち出すことで、国内外の消費者にアピールする方針のようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均