市場ニュース

戻る
2016年08月03日09時06分

【市況】個別銘柄戦略:好決算銘柄や月次好調銘柄などに注目


欧米株安、為替の円高、経済対策発表による出尽し感などを背景に、本日も売り先行の展開が想定される。ただ、本日からETFの買い入れ枠拡大なども予想されており、昨日同様に、このインパクトを見極めたいとの動きも強まろう。売り一巡後の下落余地は限定的と考えられる。昨日月次を発表したファストリの動向が注目される。前月に続いて相対的に好調な月次動向が継続しており、ストレートにポジティブに捉えられそうだ。一方、アダストリなどはやや伸び悩んだ印象。ほか、決算では、ホンダや古河電工、三菱商事、KDDIなどがポジティブと見られる。一方、カシオや参天製薬などはネガティブか。中小型ではステラケミファの大幅上方修正がインパクト。

《KS》

 提供:フィスコ

日経平均