市場ニュース

戻る
2016年07月28日13時55分

【材料】三菱電は後場急落、円高で産業メカの利益悪化が見込まれ17年3月期業績予想を下方修正

三菱電 <日足> 「株探」多機能チャートより
 三菱電機<6503>が後場急落。午後1時15分ごろ、17年3月期の連結業績見通しについて、売上高を4兆2800億円から4兆1800億円(前期比4.9%減)へ、営業利益を2600億円から2350億円(同22.0%減)へ、純利益を2000億円から1750億円(同23.4%減)へ下方修正したことが嫌気されている。

 円高の進行で、産業メカトロニクス部門や重電システム部門の利益が下振れすると見込まれることが要因。なお、同時に発表した第1四半期(4~6月)決算は、売上高9270億7700万円(前年同期比6.2%減)、営業利益597億400万円(同9.3%増)、最終利益429億1400万円(同7.3%減)だった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均