市場ニュース

戻る
2016年07月27日12時18分

【材料】かんぽ生命、欧州大手証券は株価低迷が規制緩和速度を遅らせていると指摘

かんぽ生命 <日足> 「株探」多機能チャートより
 かんぽ生命保険<7181>が続落。今日の安値圏で前場の取引を終えている。

 クレディ・スイス証券では、当面、生保を取り巻く経済環境は厳しく、超低金利継続による株価の下落・低迷リスクから、バリュエーションの絶対水準は低いまま推移すると指摘。同社は相対的に金利の影響を受けやすい商品、運用ポートフォリオを持っているなか、事業の自由度を高めるためには親会社の持ち株比率が50%を下回る必要があるものの、株価の低迷が規制緩和速度を遅らせていると解説。

 レーティング「ニュートラル」、目標株価2050円でカバレッジを開始している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均