市場ニュース

戻る
2016年07月25日11時30分

【材料】資生堂、国内大手証券は弱気継続も会社計画は上方修正される可能性が高いと予想

資生堂 <日足> 「株探」多機能チャートより
 資生堂<4911>が続落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、海外事業の収益性低下や円高による海外業績の目減り、ブランド買収など投資増による利益成長の伸び悩み、市場期待値とのカイ離が顕在化するリスクがあると指摘。それでも、商品構成の変化、マーケティング費の繰り下がりなどから、上半期の会社計画は7月29日に上方修正される可能性が高いとみて、短期的にポジティブと解説。

 レーティング「アンダーウエート」と目標株価2200円は継続している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均