市場ニュース

戻る
2016年07月21日13時22分

【材料】古河機金は反発、フィリピンに設立したグループ会社のコイル加工会社が量産開始

古河機金 <日足> 「株探」多機能チャートより
 古河機械金属<5715>が反発している。同社はきょう、グループ会社の古河電子がフィリピンに設立した車載向けコイルの加工会社が本格量産を開始したと発表。車載向け電子制御ユニットに使用されるフィルタコイルを16年末までに月産80万個、17年3月頃には月産150万個まで加工能力を引き上げるとしている。

 また、一部で「政府が新たにまとめる経済対策の事業規模が20兆円超で調整していることが分かった」と報じられ、リニア中央新幹線や整備新幹線に財政投融資が充てられるとされていることも刺激となっているもよう。古河機金はトンネル工事用機械などを手掛けていることから、リニア関連として注目されている面もあるようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均