市場ニュース

戻る
2016年07月21日12時10分

【材料】三菱ケミカルHD、米系大手証券がアップグレード、割安感が強いとの見解

三菱ケミHD <日足> 「株探」多機能チャートより
 三菱ケミカルホールディングス<4188>が急反発。今日の高値圏で前場の取引を終えている。

 メリルリンチ日本証券では、化学石油の好調なサイクル、リチウムイオン電池材料の成長などから、市場想定を上回る業績が期待できると指摘。株価の割安感が強いことも挙げ、レーティングを「中立」から「買い」に引き上げ。目標株価は680円を継続している。
《MK》

株探ニュース

日経平均