市場ニュース

戻る
2016年07月21日10時35分

【材料】いちごHD、国内大手証券は18年2月期の予想PERには割安感があると指摘

いちごHD <日足> 「株探」多機能チャートより
 いちごグループホールディングス<2337>が反発。買い気配で始まり、現在は今日の高値圏で推移している。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、投資・開発事例からみてホテル・メガソーラーは順調に推移していると指摘。ホテルREITやインフラファンドへの売却が本格化する18年2月期の予想PERは依然割安感があるとみて、レーティング「バイ」と目標株価670円を継続している。
《MK》

株探ニュース



日経平均