市場ニュース

戻る
2016年07月20日11時09分

【材料】パーク24が逆行高、カーシェアで業容拡大し増税延期で中計は上方修正含み

パーク24 <日足> 「株探」多機能チャートより
 パーク24<4666>が逆行高。時間貸し駐車場「タイムズ」を展開、安定した内需成長株として市場でも評価が高く、昨年夏場以降、約1年にわたり13週移動平均線をサポートラインとした中期上昇波を形成している。

 近年は時流に乗り、タイムズのスペースを活用したカーシェアリングザービスで業容を拡大している。「短時間単位で利用できる利便性が特長で個人会員の伸びに反映されている」(中堅証券アナリスト)という。16年10月期経常利益は前期比13%増の210億円見通しと2ケタ成長を継続、中期3カ年計画の最終年度にあたる17年10月期は同240億円の目標を掲げているが、消費増税の再延期を追い風に市場ではさらなる上乗せの可能性が指摘されている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均