市場ニュース

戻る
2016年07月20日04時22分

【為替】7月19日のNY為替概況

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

19日のニューヨーク外為市場でドル・円は、106円53銭へ上昇後、105円88銭へ反落し、106円10銭で引けた。

米国の6月住宅着工件数が予想を上回ったためドル買いが優勢となった。その後、国際通貨基金(IMF)が世界経済の見通しを下方修正したこと、エルドアン大統領がクーデター未遂に乗じ対抗勢力への掃討作戦が過剰な弾圧になる傾向が警戒され、トルコ政情不安の再燃でリスク回避のドル売り、円買いが強まった。

ユーロ・ドルは、1.1037ドルから1.1000ドルへ下落し1.1013ドルで引けた。良好な米国の住宅関連指標を好感したドル買い、欧州中央銀行(ECB)定例理事会を控えたユーロ売りが優勢となった。ユーロ・円は、117円42銭から116円58銭へ下落。

ポンド・ドルは、1.3153ドルから1.3074ドルへ下落した。英国の欧州連合(EU)離脱を受けたIMFによる英国経済成長率見通しの引き下げを嫌気したポンド売りが優勢となった。

ドル・スイスは、0.9878フランへ上昇後、0.9841フランへ下落した。



[経済指標]・米・6月住宅着工件数:118.9万戸(予想:116.5万戸、5月:113.5万戸←116.4万戸)・米・6月住宅建設許可件数:115.3万戸(予想:115.0万戸、5月:113.6万戸)

《KY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均