市場ニュース

戻る
2016年07月15日07時00分

【市況】NY株式:ダウは134ドル高、良好な経済指標や企業決算を好感

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

14日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は134.29ドル高の18506.41、ナスダックは28.33ポイント高の5034.06で取引を終了した。週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、生産者物価指数(PPI)が堅調な内容となり、買いが先行。良好な企業決算や原油高も好感され、終日堅調推移となった。ダウ及びS&P500種指数は過去最高値を更新した。セクター別では、銀行や運輸が上昇する一方で公益事業や不動産が下落した。

大手行のJPモルガンが好決算を発表、シティグループ(C)やモルガン・スタンレー(MS)、ゴールドマンサックス(GS)などの金融各社も堅調推移となった。航空大手のデルタ航空(DAL)、ファストフードのヤム・ブランズ(YUM)なども決算内容が好感され、上昇。種子メーカーのモンサント(MON)はドイツの化学大手バイエルが買収額を引き上げたことが報じられ、買われた。

本日、ニューヨーク証券取引所に上場したモバイル向けメッセンジャーアプリのLINE(LN)は公開価格を大幅に上回る好調な出だしとなった。



Horiko Capital Management LLC

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均