市場ニュース

戻る
2016年07月13日13時12分

【材料】ナノキャリアが後場プラス圏に急浮上、核酸デリバリーに関する物質特許が欧州で成立へ

ナノキャリア <日足> 「株探」多機能チャートより
 ナノキャリア<4571>が後場に入りプラス圏に急浮上してきた。午後1時ごろ、同社の核酸デリバリーに関する物質特許出願が、欧州特許庁から特許査定を受けたと発表しており、これを好感した買いが入っている。

 同特許は、同社のサイエンティフィック・アドバイザーでナノ医療イノベーションセンター長でもある片岡一則教授のグループが開発し、同社が東京大学から国内外の再実施権付独占的ライセンスを取得した核酸デリバリーに関するもの。なお、同件による17年3月期業績に影響はないとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均