市場ニュース

戻る
2016年07月13日10時02分

【市況】10時時点の日経平均は前日比315.01円高、日経平均への採用が決まったヤマハ発動は急騰

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時時点の日経平均は前日比315.01円高の16410.66円で推移している。欧米株上昇のほか、為替の円安加速などを受けて、東京市場は買い優勢で取引を開始。日経平均はマドを伴う上昇で6月23日の水準を上放れている。為替市場では、ドル・円が104円60銭台、ユーロ・円が115円70銭台まで円安に推移していることから、規模別株価指数では大型株が優勢に。業種別売買高では、証券、空運、鉱業、保険、非鉄金属が強い。

TOPIXコア30銘柄では、村田製<6981>、三菱商事<8058>、野村<8604>が前日比4%超上昇しているほか、メガバンクや車関連も強い。一方、JT<2914>、武田<4502>が小幅高に留まっている。そのほか、日経平均への採用が決定したヤマハ発動<7272>が前日比10%超の大幅高。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均