市場ニュース

戻る
2016年07月12日08時20分

【材料】桑山---17年3月期は2ケタ増益、中国ブライダル市場などジュエリー販売の増加を見込む

桑山 <日足> 「株探」多機能チャートより

桑山<7889>は貴金属、ダイヤモンド、パールをはじめとするジュエリーの総合メーカー。オリジナルジュエリーなど各種製品の企画・デザイン、生産までを一貫提供。国内外ブランドのOEM/ODMにも幅広く対応する。国内の生産拠点は富山工場。海外では中国、タイに貴金属ジュエリーの生産拠点、ベルギーにダイヤ関連事業の現地法人を持つ。国内外の拠点から販売ネットワークを広げている。

2017年3月期は売上高が前期比3.9%増の400.00億円、営業利益が同32.7%増の14.00億円、純利益は同45.3%増の7.45億円を計画。前期に増床したタイ製造拠点の生産力と、3D技術による製品力を最大活用し、国内でのOEM/ODM市場でのシェア拡大を推進。海外では前期に新設した中国・広州の製造拠点などを中心に、中国でのブライダル市場や高級ファッションジュエリー市場の深耕を進める。為替・貴金属相場の影響による海外製造拠点での差損発生で大幅減益となった前期から一転、2ケタの増益を見込む。

同社は、中期的な安定成長を確保するために、引き続き製造能力の増強と製造技術の高度化製品競争力の強化に取り組む。具体的な経営戦略としては以下の3つの方向性を示す。1)総合ジュエリーメーカーとしての堅固な経営基盤の確立、2)国際化に向けたよりグローバルな視点での事業展開、3)新しいトレンドを創造する提案型ジュエリービジネスに専念。今後も国内外に展開するグループ会社間の緊密な連携で経営の効率化を図り、収益性向上を目指す考えだ。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均