市場ニュース

戻る
2016年07月11日13時29分

【材料】森ヒルズリート、国内大手証券は投資評価と目標投資口価格をそれぞれ引き下げ

森ヒルズR <日足> 「株探」多機能チャートより
 森ヒルズリート投資法人<3234>が現在、前週末終値15万9400円近辺で小動きとなっている。

 SMBC日興証券がリポートをリリース。それによると、同REITのポートフォリオは他のREITに比較して立地や質が非常に優れている点、豊富なスポンサーパイプラインを活用することにより物件取得を実施し、資産規模の拡大と一口当たり収益性の向上に努めることを期待し、中長期的に保有したい銘柄という点には変わりはないと指摘。

 ただ、現在の分配金利回りやNAV倍率は他の主要、中堅オフィスREITとの比較で割安感がない点や一部テナント退去による一時的な賃料収入減少リスクを外部成長でしっかりオフセットできるかに現時点では確信が持てないことなどを勘案し、投資評価を「1」(アウトパフォーム)から「2」(中立)へ、目標投資口価格を19万2000円から17万5000円へ、それぞれ引き下げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均