市場ニュース

戻る
2016年07月07日09時25分

【市況】日経平均は32円安で続落スタート、売買代金上位ではそーせい、ソニーなどが上昇/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 売買代金 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 15346.81 (-32.18)
TOPIX  : 1230.78 (-3.42)

[寄り付き概況]

 日経平均は続落で始まった。6日の米国市場は反発となっていたが、FOMC議事録を受けた利上げ観測の後退が要因であり、結果的には円高が重石となっている。規模別指数では大型、中型、小型株指数いずれも小幅に下落。

 セクターでは保険、医薬品、電力ガス、食料品、陸運、繊維、その他金融が小幅に上昇。半面、鉱業、精密機器、不動産、石油石炭、情報通信、建設、銀行、化学が冴えない。

 売買代金上位ではそーせい<4565>、Vテク<7717>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、キーエンス<6861>、JT<2914>が上昇。一方でトヨタ<7203>、NTT<9432>、ソフトバンクグ<9984>が冴えない。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均