市場ニュース

戻る
2016年07月06日16時09分

【特集】テクマトリックス Research Memo(11):配当性向20%以上が基本方針

テクマト <日足> 「株探」多機能チャートより

■株主還元

テクマトリックス<3762>は配当性向20%以上を基本方針として打ち出している。業績が好調であったことから、当初予定の1株当たりの期末配当を3円増配し、17円から20円とした。配当性向は24.2%となる。

また、配当のほかに、株主優待も継続する。500株以上保有の株主には、「讃岐うどん」など1,000円相当の商品または「日本ユニセフ協会」か「あしなが育英会」への寄付、1,000株以上保有の株主には、「ソーセージ・ベーコンセット」など3,000円相当の商品または寄付となっている。株主優待の申込率は90%を超えているが、今後はさらに商品の中身を検証し、株主により喜んでもらえるようなラインアップを目指すとしている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柄澤 邦光)

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均