市場ニュース

戻る
2016年07月06日12時36分

【市況】後場に注目すべき3つのポイント~センチメント悪化、円相場や値がさ株を睨みながらの相場展開に

ドル円 <日足> 「株探」多機能チャートより

6日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・センチメント悪化、円相場や値がさ株を睨みながらの相場展開に
・ドル・円は100円64銭付近、英国経済への懸念で強まるリスク回避の動き
・パイオニア、豊田合成など7社の目標株価変更



■センチメント悪化、円相場や値がさ株を睨みながらの相場展開に

日経平均は大幅に続落。463.03円安の15206.30円(出来高概算10億7000万株)で前場の取引を終えた。連休明け5日のNY市場は、NYダウが100ドルを超す下落となった。欧州連合(EU)離脱を巡る英国経済への懸念が再燃したことが嫌気された格好。この流れからシカゴ日経225先物清算値は大阪比155円安の15445円となり、これにさや寄せする格好から売りが先行した。

しかし、その後もじりじりと下げ幅を広げるなか、円相場が1ドル100円台に乗せてくると、大阪225先物も下げ幅を拡大。これが現物市場へのインデックス売りにつながる格好から、日経平均は一時15167.98円と下落幅は500円を超えた。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1800を超えており、全体の9割を占める全面安商状に。セクターでは33業種全てが下げており、その他金融、ゴム製品、証券、不動産、鉄鋼、輸送用機器、非鉄金属、鉱業、電気機器、保険などの下げが目立つ。

日経平均はじりじりと下げ幅を拡大させており、節目の15000円の攻防になりそうな弱さである。日経平均構成銘柄で上昇しているのは僅か5銘柄にとどまっており、一方で、昨日同様、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクグ<9984>、ファナック<6954>、東エレク<8035>、ダイキン<6367>などの指数インパクトの大きい値がさ株の下落影響が大きく、インデックス売りが指数を押し下げている。

また、マザーズ指数が1000ptをキープできなかったことも、センチメントを悪化させている。個別ではVテク<7717>、ミクシィ<2121>、NTTドコモ<9437>、NTT<9432>、ハニーズ<2792>、KLab<3656>、キユーピー<2809>など強い銘柄に資金が集まりやすいだろう。引き続き、円相場のほか、ファーストリテ<9983>など値がさの動向を睨みながらの相場展開になりそうだ。


(株式部長 村瀬智一)



■ドル・円は100円64銭付近、英国経済への懸念で強まるリスク回避の動き

6日午前の東京外為市場では、ドル・円は軟調地合いとなり、100円台に水準を切り下げた。英国経済への懸念からリスク回避的な円買いが強まっていることが背景。前日海外市場で広がった英国経済への懸念を受けたリスク回避的な動きは、アジア市場でさらに増幅し、投資家はより安全な投資先を求めて円に資金を流入させている。ポンド・円は前日午前に付けて136円前半から一時128円後半へと7円超も下落。

ドル・円は日経平均株価の大幅安を巻き込んで、一時100円58銭まで値を下げた。ランチタイムの日経平均先物が400円超下げているため、株安を意識したドル売り・円買いはなお続きそうだ。市場では「ポンド安に歯止めがかからなければリスク回避の円高は一服しない」(市場筋)との見方が出ている。

ここまでドル・円は100円58銭から101円77銭、ユーロ・ドルは1.1036ドルから1.1076ドル、ロ・円は伸び悩み、111円05銭から112円69銭で推移。

12時28分時点のドル・円は100円64銭、ユーロ・円は111円15銭、ポンド・円は129円35銭、豪ドル・円は74円61銭で推移している。

(為替・債券アナリスト 吉池威)



■後場のチェック銘柄


・値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>、1銘柄で日経平均を約42円押し下げ
・パイオニア<6773>、豊田合成<7282>など7社の目標株価変更
・値上がりしたのはNTT<9432>など5銘柄
・内需・ディフェンシブ関連銘柄やセクターに資金が向かっている
・世耕官房副長官「日本経済のファンダメンタルズは堅固」



☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・14:00 日銀、基調的なインフレ率を捕捉するための指標


<海外>
・15:00 独・5月製造業受注(前月比予想:+1.0%、4月:-2.0%)

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均