市場ニュース

戻る
2016年07月06日08時20分

【市況】ボリバン-1σ水準での踏ん張りに期待/日経225・本日の想定レンジ

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

[本日の想定レンジ]
 5日のNY市場は下落。連休中に発表された6月の英建設業購買担当者景況指数(PMI)やサービス業PMIが予想を下振れ、欧州連合(EU)離脱を巡る同国経済への懸念が再燃したことが嫌気されて売りが先行。原油相場の下落も嫌気され、終日軟調推移となった。ダウ平均は108.75ドル安の17840.62、ナスダックは39.67ポイント安の4822.90。シカゴ日経225先物清算値は大阪比155円安の15445円。

 シカゴ先物にさや寄せする格好から再び5日線ほか、一目均衡表の転換線を下回ってくることになりそうだ。足元で切り下がりをみせているとはいえ、ボリンジャーバンドの-1σでの踏ん張りがみられている。-1σは15490円辺りに位置しており、この水準での下げ渋りをみせてくるようなら、想定内の調整となろう。価格帯別出来高では15800円処の厚みがあるところでいったん跳ね返されており、想定内といったところ。ただし、オプション権利行使価格の15625円と15750円とのレンジから15375円と15500円とのレンジに移行する格好となり、ヘッジに伴う売り等も意識されそうだ。売り一巡後の15500円処での踏ん張りに期待。15375円-15600円のレンジを想定。


[予想レンジ]

上限 15600円-下限 15375円

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均